お花のある暮らしを始めよう。
お花の定期便・サブスクの専門ブログ
Scroll
お花の定期便9社を徹底比較!
悩む人

お花の定期便って色々あってどれが良いか分からない...

当ブログは、お花の定期便にどハマりした筆者が、お花の定期便に関するお悩みをスッキリ解消できるような記事をまとめています。

その中でも、当ブログが厳選したオススメの3社は、以下です。

  • bloomee
    お手軽さ・コスパともに圧倒的
    お花を楽しむならまず真っ先に検討したい。
  • HitoHana
    お花の品質が特に優秀!
    最近1,000円以下のプランも始まりました。
  • HanaPrime
    初回50%OFFでボリュームたっぷりのお花が届く!

お花の定期便は、家にいるだけでお花を受け取れる手軽さから、人気が急上昇しています。

けれども、お花の定期便にはさまざまな種類があるので、正直どれを選べば良いかイマイチ分からないですよね。

結論、実はお花の定期便、あなたが何を重視したいかで最適なサービスが大きく変わってくるんです。

この記事では、お花の定期便9社について、徹底的に比較・解説していきます。

この記事を読むことで、あなたが選ぶべきお花の定期便が分かり、失敗しない選択ができるはずです。

すぐにお花の定期便を始めたい方は「bloomee」の体験プランがオススメ!

  • ポスト投函で対面不要
  • 3〜4本の季節のお花が届く
  • どこよりもオトクに続けられる
1,000円以内で始めるお花との暮らし
かいり

bloomeeは私たち夫婦もずっと愛用しているサービスです!

1回のコスパが良くてお財布にも優しい♪

この記事は長文です。
目次から気になる部分をタップorクリックして読み進めてください。

タップできる目次

お花の定期便ってどんなサービス?

お花の定期便とは、

「定期的に、月額定額で自宅にお花を届けてくれるサービス」

のことを言います。

世間ではサブスクリプション、通称サブスクと呼ばれる部類のサービスですね。

お花の定期便は、自宅に直接お花を届けてくれるお手軽さから、人気が急上昇しています。

お花の定期便の特徴をまとめると、以下のような感じです。

お花の定期便の特徴
  • 自宅に直接お花が届く
  • 料金は800円〜3,000円くらい
  • 季節に合った旬のお花が届く
  • 基本お花を選ぶことはできない
  • ポストへお花を投函してくれるものも
  • ギフト用に対応しているところもある
かいり

以下では各社のまとめから詳細まで詳しく解説していきます!

【結論】お花の定期便9選を徹底比較

それでは、早速お花の定期便を提供している9社を比較してみましょう。

以下の9社を対象に、特徴・料金・口コミなどをまとめました。

  1. bloomee
  2. LIFULL FLOWER
  3. HitoHana
  4. LIFFT
  5. HanaPrime
  6. &flower
  7. Pure flower
  8. medelu
  9. FLOWER

以下が、この記事の内容をギュッとまとめた表になります。

お時間の無い方でも、以下の比較表を見るだけでも、選ぶべきサービスがザックリ分かるはずです。

サービス名bloomeeLIFULL FLOWER HitoHana LIFFTHanaPrime &flower Pure flower medelu FLOWER
プラン数3つ4つ7つ3つ4つ1つ1つ9つ1つ
花の本数A.3本
B.4本
C.5本
A.3〜4本
B.6〜8本
C.10〜12本
D.未記載
A.2〜4本
B.5〜8本
C.8〜10本
D.9〜13本
E.11〜14本
F.14〜18本
G.19~22本
全プラン
花4本前後
草木5本前後
A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
花とグリーン合わせて
4本以上
記載なし
※かなり多い
A.5〜6本
B.7〜9本
C.6〜9本
D.5〜6本
E.6〜8本
F.6〜9本
G.5〜6本
H.7〜9本
I.6〜9本
5〜7本
ポスト投函AのみAのみなしなしなし対応なしA・D・Gのみ対応
料金(税込) A.550円
B.880円
C.1,320円
A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
A.990円 B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
A.3,300円
B.初月4,180円
翌月以降3,300円
C.5,280円
A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
1,265円 1,840円
(月2回配送)
※東京エリア2,000円
AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
880円
送料 A.275円
B.385円
C.550円
無料 無料 無料無料 無料 無料 無料396円
合計(税込)A.825円
B.1,265円
C.1,870円
A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
A.990
B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
A.3,300円
B.初月4,180円翌月以降3,300円
C.5,280円
A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
1,265円1,840円
(月2回配送)
※東京エリア2,000円
AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
1,276円
メリット 登録者10万人超え 水換え不要の
プランあり
花の色が選べるお花の情報誌付き 本数辺りの料金が最安 料金体系が明瞭 お花の本数が多い
自社スタッフがお届け
自宅のお部屋に合わせて選べるプラン アプリ内で全て完結
お花の種類が事前にわかる
デメリット 送料が掛かる お花の種類が被りやすいポスト投函不可料金が高い沖縄・離島への配送不可 他と比べて利用者が少ない 全ての都道府県には非対応 品質保証が無く
返金対応のみ
送料が掛かる
他の同サービスより若干高い
公式ページ詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ 詳細ページ
お花の定期便9社の比較表

オトクにお花の定期便を楽しみたい方は「LIFULL FLOWER」「bloomee」がオススメです。

格安だからと言って、品質が悪いわけでもなく、両者「品質保証サービス」に対応しています。

品質保証があると、万が一元気の無いお花が届いてもすぐに新しいお花に交換してもらえるため、大変オススメです。(実際に私も品質保証を使って新しいお花と交換したことがあります)

特に品質を重視したい方は「HitoHana」「LIFFT」を選んでおけば間違いないでしょう。

料金は比較的高めですが、お花そのものをじっくりと楽しめるお花好きのためのサービスが特徴です。

また、最近では後発の「HanaPrime」も、ボリュームの多いお花をリーズナブルで楽しめると人気ですね。

今なら初回50%割引で使えるので、気になる方はチェックしてみてください。

HanaPrime公式サイトへ

お花の定期便:9社のおすすめランキング

以下では、お花の定期便を展開する各社を、3つのポイントに絞って特徴をまとめました。

各社それぞれの強み・弱みが簡単に分かるように、ランキング形式で紹介していきます。

ランキングの基準
  • コスパは良いか
  • お花の品質の高さ
  • お手軽に利用できるか
かいり

最初に紹介するサービスほど万人にオススメできるサービスになります!

bloomee

出典:bloomee
サービス名bloomee
オススメ度
プラン数3つ
花の本数A.3本
B.4本
C.5本
ポスト投函Aのみ
料金(税込)A.550円
B.880円
C.1,320円
送料A.275円
B.385円
C.550円
合計(税込)A.825円
B.1,265円
C.1,870円
メリット
デメリット
  • 業界最安値でお花を楽しめる
  • 送料込で他社よりも最安
  • 品質保証が安心
  • 最低4回利用の縛りあり

bloomeeは、2016年6月にサービス開始したお花の定期便です。

登録世帯が10万世帯を超える、業界最大手の運営会社ですね。

お花の定期便といえばbloomeeという地位を築いています。

bloomeeのポイント3つ
  • コストが最安
  • ポスト投函がとにかくラク
  • 近隣のお花屋から届くので品質も良い

お花の定期便を始めたことがなく、まずは雰囲気を味わってみたい方はbloomeeを選んでおけば間違いないと言えます。

利用者も多く、Twitterやインスタで口コミも多く出ているため、事前にどんなお花が届くか確認することも容易です。

ポスト投函は一度体験すると病みつきになるくらい便利で、配達員と対面する必要も全く無く、好きなタイミングでお花を受け取ることができます。

そして、bloomeeの最大の特徴は業界最安の料金。

財布にもとっても優しいお花の定期便となっています。

bloomeeの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔
体験プラン550円275円3本以上ポスト投函毎週/隔週
レギュラープラン880円385円4本以上ポスト投函毎週/隔週
プレミアムプラン1,320円550円5本以上手渡しのみ毎週/隔週
かいり

プレゼント用のお花を買うこともできるので、家族や友人への贈り物にも利用できますよ。

bloomeeの詳しい特徴や口コミ・評判は以下の記事でまとめています。

>>比較表に戻る

LIFULL FLOWER

出典:LIFULL FLOWER
サービス名LIFULL FLOWER
オススメ度
プラン数4つ
花の本数A.3〜4本
B.6〜8本
C.10〜12本
D.未記載
ポスト投函Aのみ
料金(税込)A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
送料無料
メリット
デメリット
  • 宅配BOXにも対応
  • 業界で唯一水換不要のプランあり
  • 品質保証が安心
  • 同じお花が届くこともある

LIFULL FLOWERは、お花の流通ロスをなくすべく、2018年2月よりサービスを開始しました。

bloomeeと双璧を成すほど、お花の定期便の中でも知名度の高いサービスになります。

LIFULL FLOWERのポイント3つ
  • ポスト投函に対応
  • お手入れ不要のプランあり(宅配ボックス対応)
  • 安心の品質保証付き

基本的なサービスは「bloomee」と似ており、料金体系も同じレベルです。

特に両者の最安プランはほぼ同じ内容なので、それぞれお試してみて、届くお花で継続するか選んでみても良いでしょう。

しかし、なんといってもLIFULL FLOWERの一番の強みは、スタンダードプランというお手入れ不要のプランがあること。

スタンダードプランのメリット

  • 花瓶の準備が不要
  • 面倒な水換え不要

お花の定期便は、お花を買う手間こそ減らせますが、水やりの作業はどうしても発生します。

水は毎日替えないと、お花が枯れてしまいます...

LIFULL FLOWERのスタンダードプランは、エコゼリーの入ったオシャレなパッケージでお花が届くので、とにかく手間が掛からないのです。(宅配BOXにも対応)

LIFULL FLOWERの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数ポスト投函お届け間隔
ライト858円全国無料3〜4本毎週・月2回
セルフアレンジS1,958円一部無料6〜8本×(宅配BOX可)月1・2回
セルフアレンジL3,278円一部無料10〜12本×(宅配BOX可)月1・2回
スタンダード2,680円一部無料3〜4本×(宅配BOX可)月1回
かいり

品質保証にも完全対応しているので、届いたお花がもし傷んでいた場合でも、新しいお花を送ってもらうことができますよ。

詳しい特徴や口コミ・評判は以下の記事でまとめています。

>>比較表に戻る

HitoHana

出典:HitoHana
サービス名HitoHana
オススメ度
プラン数7つ
花の本数A.2〜4本
B.5〜8本
C.8〜10本
D.9〜13本
E.11〜14本
F.14〜18本
G.19〜22本
ポスト投函なし
料金(税込)A.990円
B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
送料無料
メリット
デメリット
  • 1,000円以下のプランあり
  • 花の色が選べる
  • メインの花のポストカード付き
  • ポスト投函に非対応

HitoHana」は、2016年に「植物ECサイト」としてサービスを開始しました。

現在では、10万人以上が登録している、とても人気のあるお花の定期便です。

お花の定期便を開始したのは2020年と新しいですが、長年培ったお花のスキルがあり、非常に安心できるサービスと言えますね。

HitoHanaのポイント3つ
  • 品質にこだわったお花の定期便
  • 専用ボックスで自宅にお届け
  • オリジナルのお花カードが付属

前述した「LIFULL FLOWER」「bloomee」のようなポスト投函型は採用していない反面、お花の品質を強く意識したサービスを展開しているのが、HitoHana独自の特徴です。

HitoHanaは専用ボックスにてお花を梱包し発送、届いたお花はとにかく高品質なんです。

また、届いたお花の中でメインのお花に関しては、オリジナルカードが同封されています。

オリジナルカードには、お花の情報やお手入れ方法も詳しく記載されているので、お花が届くワクワク感は他の定期便よりも数段上です。

HitoHanaの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔
プラン①990円無料2〜4本全プラン対面での宅配のみ全プラン
毎週・隔週・月1から選択
プラン①1,650円無料5〜8本
プラン②2,200円無料8〜10本
プラン③2,750円無料9〜13本
プラン④3,300円無料11〜14本
プラン⑤4,400円無料14〜18本
プラン⑥5,500円無料19〜22本
かいり

ポスト投函ではありませんが、その分品質は文句なしに良いですよ!

\登録者数10万人超え!/

HitoHanaの詳しい特徴や口コミ・評判は以下の記事にまとめています。

>>比較表に戻る

LIFFT

出典:LIFFT
サービス名LIFFT
オススメ度
プラン数3つ
花の本数花4本前後 草木5本前後
ポスト投函なし
料金(税込)A.3,300円
B.初月4,180円
翌月以降3,300円
C.5,280円
送料無料
メリット
デメリット
  • お花の読み物「ジャーナル」付き
  • お花の品質が良い
  • 花瓶やコーヒー豆のセットプランあり
  • 利用料金が高額
  • ポスト投函に非対応

LIFFTは、「飾るだけじゃない、お花の定期便」と飾るその先を意識したサービスを2020年10月より開始しました。

ただ飾って終わりではなく、あなたのライフスタイル自体に影響を与えることを意識した、魅力溢れるプランを展開しています。

LIFFTのポイント3つ
  • 農園から届いたお花をその日のうちに発送
  • お花の読み物「ジャーナル」が付属
  • 旬のコーヒー豆とのセットプランあり

HitoHana」と同じように、「LIFFT」も品質の良いお花を提供していることが魅力です。

特筆すべきは、トリセツでは終わらない読み物「ジャーナル」が付属していること。

実際に公式サイトで試し読みができるのですが、オシャレに磨きが掛かりすぎていて、思わずお部屋に飾りたくなること間違いなし。

>>LIFFTのジャーナルを試し読み

また、コーヒー豆のとのセットプランなど、他のお花の定期便とは違った面白いプランもあります。

コーヒーを飲みながらお花を鑑賞しつつ、ジャーナルを読みふける...

想像するだけでワクワクしますよね。

LIFFTの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数セット内容お届け方法お届け間隔
スタンダード月3,300円無料メインのお花4本前後
季節の草花5本前後
お花+ジャーナル宅配月1回
※翌月21日までにお届け
花瓶セット初月4,180円
翌月以降3,300円
無料同上お花+ジャーナル+花瓶宅配月1回
※翌月21日までにお届け
コーヒー豆セット月5,280円無料同上お花+ジャーナル+
旬のコーヒー豆200g
宅配月1回
※翌月21日までにお届け
かいり

高品質なお花と、生活に彩りを加えたい方にオススメの定期便です!

公式サイト

LIFFTについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

>>比較表に戻る

HanaPrime

出典:HanaPrime
サービス名HanaPrime
オススメ度
プラン数4つ
花の本数A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
ポスト投函なし
料金(税込)A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
送料無料
メリット
デメリット
  • お花のボリュームがすごい
  • お供え花プランが特徴的
  • 初回50%割引が特にオトク
  • 配達の時間指定不可
  • ポスト投函非対応

HanaPrimeは、2021年3月よりお花の定期便を始めた、比較的後発の会社になります。

後発ならではの魅力がたっぷり詰まっており、お花のボリューム当たりの料金で考えると、コスパは1・2を争うほど良いサービスです。

HanaPrimeのポイント3つ
  • 最安プランでもボリューミーなお花たち
  • 料金とは別に選べる2つのプランあり
  • お届けサイクルの選択肢が豊富

HanaPrimeの魅力は、なんといっても届くお花のボリュームです。

月額1,500円(税込)の最安プランでも、7〜10本のお花が届くので、他のお花の定期便の2倍以上のボリュームがあると言えます。

さらに、他のお花の定期便には無い特徴が、2つのプランを有していることです。

選べる2つのプラン
  • 季節のお花プラン
  • お供え花プラン

双方とも料金設定は同じですが、届くお花の雰囲気が全く違ってきます。

普通に利用するのであれば、季節のお花プランで問題ないですが、お仏壇にお花で彩りを加えたい場合には、お供え花プランを検討したいところですね!

また、お届けサイクルの自由度が非常に高いこともあって、ストレスフリーで定期便を楽しめますよ。

お届け頻度毎週1回・隔週1回・毎月1回から選択
お届け曜日水〜日曜日から選択
お届けサイクル

毎月配送や、曜日指定のできるお花の定期日は限られているので、利用者の心に寄り添った優しいサービスと言えそうです。

HanaPrimeの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料本数大きさお届け方法
季節のお花プランA.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
無料A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
A.25㎝前後
B.35㎝前後
C.40㎝前後
D.55㎝前後
宅配
お供え花プランA.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
無料A.10本
B.14本
C.18本
D.30本
A.25㎝前後
B.35㎝前後
C.40㎝前後
D.55㎝前後
宅配
料金プラン
かいり

なるべく安く、でもお花のボリュームは多い方が嬉しい...
そんな方に最適な定期便です!

現在、初回50%割引実施中ですので、どのお花の定期便よりもオトクに始められますよ♪

HanaPrimeについては、以下の記事でさらに深掘りして解説しています。

>>比較表に戻る

&flower

出典:&flower
サービス名&flower
オススメ度
プラン数1つ
花の本数花とグリーン合わせて4本以上
ポスト投函対応
料金(税込)1,265円
送料無料
メリット
デメリット
  • 水揚げ済みのお花が届く
  • 配送の曜日指定が豊富
  • 同サービスと比べると高い

&flower」は、2020年8月にサービスを開始した、後発のお花の定期便です。

クラウドファンディングでの募集をきっかけにサービスが始まりました。

&flowerのポイント3つ
  • ポスト投函に対応
  • 平日にも届けてくれる
  • ブロック機能が面白い

現在のプランは、1プランのみのお取り扱い。

ですので、料金体系が非常にシンプルで分かりやすいです。

平日のお届けにも対応しているのは珍しく、他のお花の定期便だと平日を選ぶことは基本的にできません。

そして注目すべきはブロック機能があることです。

ブロック機能を簡単に説明すると、

あのお花屋さんのお花は好みに合わないから避けたいな...

という要望を叶えてくれる機能です。

つまり、好みに合わないお花屋さんをブロックリストに入れることで、そのお店からはお花が届かなくなります。

ですので、使えば使うほど、あなたの好みに合うお花が届きやすい環境を作れるということです。

&flowerの料金プラン

スクロールできます
料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔
1,265円/回無料お花とグリーン合わせて4本以上ポスト投函毎週・隔週・毎月

選べる3つの配送スケジュール

配送タイミング締切日お届け日
平日水曜日翌週 火~木曜日
週末金曜日翌週 木~土曜日
ビジネス月曜日翌週 月~火曜日
※ビジネスは個人でも選択可能です。
かいり

コロナ禍でお店を開けないお花屋を救いたい!という想いからクラウドファンディングを経て、今の&flowerがあります。

&flowerについての詳しい特徴・口コミや評判は、以下の記事でまとめています。

>>比較表に戻る

Pure flower

出典:Pure flower
サービス名Pure flower
オススメ度
プラン数1つ
花の本数記載無いがボリューム大
ポスト投函なし
料金(税込)1,840円 ※月2回配送
東京エリアは2,000円
送料無料
メリット
デメリット
  • お花のボリュームが圧倒的
  • スタッフが直接お届け
  • 対応エリアが狭い
  • ポスト投函非対応

Pure flower」は創業25年を誇る、お花の定期便を扱う会社では最も老舗の企業になります。

登録者数も、2万世帯を超えており、安心のサービスを展開しています。

Pure flowerのポイント3つ
  • お花のボリュームがすごい
  • 宅配会社ではなく自社スタッフがお届け
  • 全都道府県に完全対応ではない

Pure flower」の特徴は、自社スタッフが直接届けてくれる安心感にあります。

宅配便を使わない、お花に理解の深いスタッフが届けてくれるので、なにより安心なんですよね。

また、不在時でも大丈夫なように、お花は水にたっぷり浸かった状態で届くのも安心できるポイント。

お花のボリュームも、他のお花の定期便と比べて本数が多く、コスパのかなり良いです。

出典:Pure flower

料金に対してのお花のボリュームは、Pure flowerがナンバーワンと言えますね。

ただし、全都道府県への配送には対応していません。

出典:Pure flower

上記の周辺地域にお住まいの方であれば非常にオススメなお花の定期便と言えます。

pure flowerの料金プラン詳細

スクロールできます
料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔
1,840円/月2回
※東京エリアは2,000円
無料記載なし(上記画像参照)自宅へ自社スタッフが配達月に2回
かいり

ボリューム・配送の丁寧さ、極めて満足度の高いお花の定期便なので、対応している地域にお住まいの方は必見です!

公式サイト

>>比較表に戻る

medelu

出典:medelu
サービス名medelu
オススメ度
プラン数9つ
花の本数A.5〜6本
B.7〜9本
C.6〜9本
D.5〜6本
E.6〜8本
F.6〜9本
G.5〜6本
H.7〜9本
I.6〜9本
ポスト投函A・D・Gのみ対応
料金(税込)AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
送料無料
メリット
デメリット
  • 豊富なプラン数
  • お部屋に合わせたプランが選べる
  • 同サービスと比べると若干高い
  • 品質保証がなく全額返金のみ

medelu」は、2017年12月1日よりサービスを開始しました。

お花の定期便のなかでは、運営歴の比較的長い会社と言えるでしょう。

medeluのポイント3つ
  • 部屋の雰囲気で選べる3つのプラン
  • ポスト投函対応
  • 農林水産大臣賞を受賞

medeluの他のお花の定期便と違った特徴は、部屋の雰囲気に合わせたプランを用意しているところです。

  1. 万人向けのANYROOMコース
  2. シンプルな部屋向けのMODERNコース
  3. 温もりのある部屋向けのNATURALコース

medelu」は、選んだコースに合わせて届くお花の傾向が変わってきます。

ですので、あなたのお部屋に合わせてプランを選ぶだけで、お部屋の雰囲気に沿ったお花が自然と届くのです。

お花の品質にもこだわりがあり、medeluが仕入れている福岡のバラ園では、本場オランダと同等の管理設備が備わっています。

農林水産大臣賞を受賞しており、非常に徹底した管理がされていると伺えますね。

medeluの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔到着予定日
ANYROOM
(Lite)
990円/回無料4〜5本ポスト投函毎週・隔週木or土曜日
ANYROOM
(Basic)
2,178円/回無料6〜7本手渡しor宅配BOX毎週・隔週木or土曜日
MODERN
(Lite)
1,320円/回無料4〜5本ポスト投函毎週・隔週水曜日
MODERN
(Basic)
2,508円/回無料6〜7本手渡しor宅配BOX毎週・隔週水曜日
NATURAL
(Lite)
990円/回無料14〜18本ポスト投函毎週・隔週金曜日
NATURAL
(Basic)
2,178円/回無料19〜22本手渡しor宅配BOX毎週・隔週金曜日
かいり

ポスト投函にも対応しているので、毎日が忙しい方にもオススメの定期便です!

公式サイト

>>比較表に戻る

FLOWER

出典:FLOWER
サービス名FLOWER
オススメ度
プラン数1つ
花の本数5〜7本
ポスト投函対応
料金(税込)880円
送料396円
合計(税込)1,276円
メリット
デメリット
  • 専用のアプリで全て完結
  • 毎回3種類からお花を選べる
  • 送料がかかる

FLOWER」は2019年2月からサービスを開始しています。

アプリのみで全てが完結するという、現代に合ったスタイルが特徴です。

FLOWERのポイント3つ
  • お花が一輪ずつ分けられて届く
  • ポスト投函に対応
  • アプリを使って全てが完結する

FLOWER」は、お花の品質と受け取りまでのお手軽さのバランスが取れているのが強みになります。

ポスト投函に対応しつつ、届いたお花は一輪ずつ箱内で小分けされているんです。

一輪ずつ小分けで送られてきます
ボトルには水が入っています

他のポスト投函型の定期便では、「medelu」が同じような方式を使っていますね。

参考として、LIFULL FLOWERのポスト投函型のプランでは、以下のように束ねられています。

花がひとつにまとめられています
根本は保護ゼリーで浸されています

両者を比べてみると、一輪ずつ小分けされていた方が使う側としては安心ですよね。

さらに、FLOWERのメリットはアプリ上で全てが完結するシステム。

注文から配送予定の確認、履歴までが全てアプリ上で行うことができるんです。

今の時代、スマホを持っている方が大半ですので、アプリで全て完結する仕組みは素敵ですよね。

さらに、注文の際にお花の種類を選べることもflowerの強み。

他の定期便では届くまでお花の種類が分からないことが多いですが、事前にお花の種類が分かるのは、安心にも繋がりますね。

flowerの料金プラン詳細

スクロールできます
料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔曜日指定
880円/回396円5〜6本ポスト投函月に最大2回まで不可
かいり

アプリで一括管理したい方は、特に使い勝手の良いお花の定期便です!

公式サイト

>>比較表に戻る

お花の定期便:メリット【3つ】

次に、全てのお花の定期便に共通する、利用する際のメリットを大きく3つご紹介します。

  • お店に行く手間が不要
  • まだ見ぬお花に出会える
  • 部屋の景色にワクワクする

お店に行く手間が不要

どれも自宅にお花を直接届けてくれるサービスなので、お店にわざわざ出向く必要がありません。

お花は好きだけど、買いに行ってまで飾ろうとは思わない...

という方は意外といると思います。

私も部屋にお花を飾りたいと考えつつ、どうしても行動できずにいました。

しかし、今ではお花の定期便に出会えたことで、手間もなく自宅をお花で彩る生活を満喫しています。

体験してみるとあまりのお手軽さに驚くと思います。

お店に行く手間が掛からないメリットは、思っている以上に恩恵がありますね。

まだ見ぬお花に出会える

お花の定期便は、プロが選定した旬のお花が送られてきます。

自分でお花を選びたい方のお気持ちも分かりますが、まだ見ぬお花と出会える体験は、案外メリットが大きいです。

この花、すごくキレイだな...!!

こんな形のお花もあるんだ

このお花同士の組み合わせ、良いなぁ...!!

など、実際に届くお花を見てみると、思わぬ発見が次々と出てきます。

まだ見ぬお花に出会えることで、家族や友人にお花をプレゼントする時なども、お花の知識が増えるおかげで選択の幅が広がりますよ。

自分でお花を選ぶと、どうしても好きなお花だけ選んでしまいますからね。

お花の定期便を利用することで、自然とお花にも詳しくなる点もとても良いです。

部屋の景色にワクワクする

部屋の景色や雰囲気が、定期的で届くお花によって日々違ったものに映ります。

私自身、お花の定期便を利用してみて一番実感したところですね。

悩む人

ただのお花だけでそんな変わる?

と思うかもしれませんが、部屋にお花を飾ってみるとお花が普段の景色に溶け込み、部屋の雰囲気を大きく変えてくれるんですよね。

忙しい仕事や学校を終え帰宅すると、お部屋にあるキレイなお花に心も癒されます。

また、届くお花は毎回違った旬のお花が届くので、次のお花はどんな感じで部屋に馴染んでくれるのか、毎回お花が届くことが待ち遠しくなりました。

ぜひ、お花の定期便を体験してみて、お花が届くワクワク感を味わってみてください。

>>比較表に戻る

お花の定期便:デメリット【3つ】

お花の定期便、メリットばかりではなく、どうしても避けられないデメリットもなかにはあります。

以下では、お花の定期便を利用するデメリットを3つご紹介します。

  • 定期的な出費になる
  • 日々の手間がどうしても増える
  • 好みではないお花が届くことも

定期的な出費になる

サブスクの宿命とも言えるのが、定期的な出費となることです。

電気やガスなら話は別ですが、正直お花は生活必需品ではありませんよね。

あくまで、お花は趣味で楽しむものであり、嗜好品です。

ですので、その趣味代が固定費になるのは正直しんどいところ。

なので、まずはお花の定期便があなたに合っているのか、お試ししてみると良いでしょう。

まずは、「LIFULL FLOWER」「bloomee」などの料金の安い定期便を利用してみて、もっと高品質のお花が欲しい時に別の定期便を候補に挙げる考え方が、個人的にはオススメです。

なるべく、財布の負担は最小限で抑えたいですからね。

かいり

実際、私たち夫婦はbloomeeの最安プランで十分満足でした!

日々の手間がどうしても増える

毎日の風景にお花が加わること自体は嬉しいのですが、水やりの手間や、お花を入れ替える手間は避けられません。

定期便として利用すると、その手間が毎回発生するわけです。

決して時間のかかる作業では無いですが、毎回となるとちょっとしんどいかもしれません。

実際、私も面倒な日は水換えをサボってしまい、お花を枯らせてしまった経験も...

お花は好きだけどあまり手間は掛けたくという方は、「LIFULL FLOWER」の特権である、水換え不要のスタンダードプランをぜひオススメしたいですね。

好みではないお花が届くことも

まだ見ぬお花と出会えるメリットの裏返しですが、自分でお花を選べないため、時には好みではないお花が届くこともあります。

う〜ん...このお花はちょっと微妙かも...

そんな気持ちになったことが実際私もあります。

さらに、届くお花にはメインのお花と別でグリーンなどの草も付属してくるのですが、そのグリーンの種類が高確率で被りやすいです。

いくらメインのお花ではないにせよ、

かいり

また同じ種類のグリーンが届いた...

という気持ちになるので、正直嬉しくはないですよね。

極力自分好みのお花を選びたい方は、「HitoHana」であれば事前に届くカラーを選べるので、未然に好みではない色を避けることが可能ですよ。

>>比較表に戻る

お花の定期便の選ぶポイント

お花の定期便を検討するうえで、大事にしたいポイントがいくつかあります。

実際にお花の定期便を利用している私の実体験も踏まえつつ、選び方のポイントを解説します。

  • 品質保証はあるか
  • ポスト投函に対応しているか
  • 新鮮なお花が届くサービスなのか
  • 自宅が対応エリアになっているか

品質保証はあるか

お花はナマモノであり、とにかく鮮度が命。

また、自宅へ直接お花が届くお花の定期便だからこそ、品質保証があるかは重視すべきポイントです。

なぜなら、どんなにサービスが良い定期便でも、運送業者は別会社だからですね。

実際に、私は「bloomee」を続けて利用していた時に、5回に1回くらい枯れ気味のお花が届くことがありました。

その際に、品質保証を使って新しいお花を届けてもらえたため、結果的に枯れたお花が届いたらむしろラッキーくらいに思うようになりました(笑)

ですので、品質保証に対応しているかは必ずチェックしておきたいポイントになります!

ポスト投函に対応しているか

気になるお花の定期便が、ポスト投函に対応しているかは、特にチェックしたいポイントです。

ポスト投函の有無で、実際の利便性にとても大きな違いが出てきます。

やはり、チャイムに出る必要もなくお花を受け取れるメリットは計り知れないですからね...!!

私はポスト投函型の定期便を利用していますが、お花の品質が気になったことは正直ありません。

ただ、生花ですので届いたお花次第では、枯れ気味のものもあります。

ですので、ポスト投函型の定期便を利用するなら、必ず品質保証のあるものを利用しましょう。

ポスト投函型の定期便は「LIFULL FLOWER」や「bloomee」品質保証付きのサービスを選んでおけばまず安心です。

以下の記事では、ポスト投函型のお花の定期便5社を厳選し、詳しく比較しています。

新鮮なお花が届くサービスなのか

そもそも、新鮮なお花が届く体制が作られているかで、お花の鮮度は大きく変わってきます。

  • お花屋さんが運営しているサービスなのか
  • 発送先は住まいの場所から遠くないのか

お花屋さんが直接運営しているサービスの方が、お花の管理に精通したスタッフが必然的に多くなるため、シンプルにお花の鮮度と質が良いです。

また、発送からお届けまでの期間が長いほど、どうしてもお花の劣化スピードは早まってしまいます。

例えば「bloomee」の場合は、住まいから一番近くの提携しているお花屋さんからお花が届くため、みずみずしいお花が届きます。

私は九州圏内でbloomeeを利用して、住んでいる自宅の隣県からお花が届きました。

また、品質保証利用時の新しいお花の再送タイミングも、提携ショップが近いと早まるため、良いですよ。

自宅は対応エリアなのか

お花の定期便、全都道府県に対応している定期便は意外と少ないです。

もし気になる定期便があっても、自宅が対応エリアでなければ利用すること自体できません。

各社、鮮度の高いお花を届けるのは必須条件ですので、どうしても厳しいエリアがあるのでしょうね。

ですので、まずはあなたのお住まいのエリアが配送に対応しているか、チェックしてみることをオススメします。

【お花の定期便】人気のお花のサブスク9社を徹底比較|口コミ・体験談あり:まとめ

最後に、比較表をもう一度確認してみましょう。

サービス名bloomeeLIFULL FLOWER HitoHana LIFFTHanaPrime &flower Pure flower medelu FLOWER
プラン数3つ4つ7つ3つ4つ1つ1つ9つ1つ
花の本数A.3本
B.4本
C.5本
A.3〜4本
B.6〜8本
C.10〜12本
D.未記載
A.2〜4本
B.5〜8本
C.8〜10本
D.9〜13本
E.11〜14本
F.14〜18本
G.19~22本
全プラン
花4本前後
草木5本前後
A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
花とグリーン合わせて
4本以上
記載なし
※かなり多い
A.5〜6本
B.7〜9本
C.6〜9本
D.5〜6本
E.6〜8本
F.6〜9本
G.5〜6本
H.7〜9本
I.6〜9本
5〜7本
ポスト投函AのみAのみなしなしなし対応なしA・D・Gのみ対応
料金(税込) A.550円
B.880円
C.1,320円
A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
A.990円 B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
A.3,300円
B.初月4,180円
翌月以降3,300円
C.5,280円
A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
1,265円 1,840円
(月2回配送)
※東京エリア2,000円
AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
880円
送料 A.275円
B.385円
C.550円
無料 無料 無料無料 無料 無料 無料396円
合計(税込)A.825円
B.1,265円
C.1,870円
A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
A.990
B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
A.3,300円
B.初月4,180円翌月以降3,300円
C.5,280円
A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
1,265円1,840円
(月2回配送)
※東京エリア2,000円
AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
1,276円
メリット 登録者10万人超え 水換え不要の
プランあり
花の色が選べるお花の情報誌付き 本数辺りの料金が最安 料金体系が明瞭 お花の本数が多い
自社スタッフがお届け
自宅のお部屋に合わせて選べるプラン アプリ内で全て完結
お花の種類が事前にわかる
デメリット 送料が掛かる お花の種類が被りやすいポスト投函不可料金が高い沖縄・離島への配送不可 他と比べて利用者が少ない 全ての都道府県には非対応 品質保証が無く
返金対応のみ
送料が掛かる
他の同サービスより若干高い
公式ページ詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ 詳細ページ
お花の定期便9社の比較表

お花の定期便は、今では人気のサブスクとなり、競合会社もどんどん増えてきています。

選び方が難しくなっていますので、ぜひ自分に合ったお花の定期便を見つけてみてください。

当ブログが、あなたのお花の定期便選びの参考になりましたら幸いです。

タップできる目次
閉じる