1,000円以内で始められるお花の定期便「bloomee」公式ページを見る

宅配便で届くお花の定期便おすすめ4選のランキング|ポスト投函型との比較あり

悩む人

宅配便で受け取りできるお花の定期便はどんな種類があるの?
メリットやデメリットも知りたい。

お花の定期便には大きく分けて2種類の配達方法があります。

  • 宅配便で受け取るサービス
  • ポストに投函されるサービス

なかでも、宅配便で受け取るサービスは、お花の品質が非常に良いと評判です。

この記事では、「宅配便で受け取るお花の定期便」に絞って、各社を細かく比較しランキング化しました。

ポスト投函型との違いについても、詳しく解説していきます。

【最初に結論】宅配便がオススメな人
  • お花のボリュームは多い方が良い
  • 届いたお花を自分でアレンジしたい
  • お花の鮮度を重視したい
かいり

宅配便は、お花の品質を優先したい方向けのサービスですね♪

タップできる目次

花の定期便:宅配便とポスト投函型を比較

まずは、当サイトで紹介しているお花の定期便9社の、すぐ分かるまとめの表をご覧ください。

サービス名bloomee LIFFT medelu HitoHanaLIFULL FLOWER HanaPrime &flower Pure flower FLOWER
プラン数3つ3つ9つ7つ4つ4つ1つ1つ1つ
利用できない地域離島沖縄・離島沖縄・離島北海道・九州
沖縄・離島
沖縄・離島沖縄・離島沖縄・離島公式サイト参照
※不可地域多い
北海道・沖縄
離島
花の本数A.3本
B.4本
C.5本
全プラン
花4本前後
草木5本前後
A.5〜6本
B.7〜9本
C.6〜9本
D.5〜6本
E.6〜8本
F.6〜9本
G.5〜6本
H.7〜9本
I.6〜9本
A.2〜4本
B.5〜8本
C.8〜10本
D.9〜13本
E.11〜14本
F.14〜18本
G.19~22本
A.3〜4本
B.6〜8本
C.10〜12本
D.未記載
A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
花とグリーン合わせて
4本以上
記載なし
※かなり多い
5〜7本
ポスト投函AのみなしA・D・GのみなしAのみなし対応なし対応
料金(税込) A.550円
B.880円
C.1,320円
A.3,300円
B.初月4,180円
翌月以降3,300円
C.5,280円
AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
A.990円 B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
1,265円 1,840円
(月2回配送)
※東京エリア2,000円
880円
送料 A.275円
B.385円
C.550円
無料 無料 無料 無料無料 無料 無料396円
合計(税込)A.825円
B.1,265円
C.1,870円
A.3,300円
B.初月4,180円翌月以降3,300円
C.5,280円
AとG.1,240円
BとH.1,540円
IとC.2,178円
D.1,570円
E.1,870円
F.2,508円
A.990
B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
1,265円1,840円
(月2回配送)
※東京エリア2,000円
1,276円
メリット 登録者10万人超えお花の情報誌付き自宅のお部屋に合わせて選べるプラン花の色が選べる 水替え不要の
プランあり
本数辺りの料金が最安 料金体系が明瞭 お花の本数が多い
自社スタッフがお届け
アプリ内で全て完結
お花の種類が事前にわかる
デメリット 送料が掛かる 料金が高い 品質保証が無く
返金対応のみ
ポスト投函不可お花の種類が被りやすい沖縄・離島への配送不可 他と比べて利用者が少ない 全ての都道府県には非対応 送料が掛かる
他の同サービスより若干高い
公式ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
お花の定期便9社の比較表

結論、ポスト投函型は利便性、宅配便は品質とお花のボリュームに優れています。

ポスト投函型の特徴

メリット
デメリット
  • 在宅の必要がない
  • 料金が安い
  • お花の本数が少ない
  • 宅配便よりも品質は劣る

宅配便の特徴

メリット
デメリット
  • お花のボリュームが多い
  • お花の品質が良い
  • 対面での受け取り必須
  • 料金が比較的高め

ざっくり言うと、ポスト投函型はお手軽で料金も安いことが強みです。

対して、宅配便で受け取るお花は、ボリュームが多く品質に優れています。

一例を紹介

宅配便のお花
ポストのお花

見ての通り、ボリュームは圧倒的に宅配便のお花が優れています。

決してポスト投函型のお花の鮮度は悪いわけでは無いのですが、やはり宅配便で届くお花の方が高品質だと言い切れますね。

宅配便で届くお花のおすすめランキング

以下では、宅配便で届くお花の定期便をランキング形式で紹介していきます。

各サービスの紹介後に、詳しく別で書いた記事も載せていますので、気になったサービスがあればご覧ください。

HanaPrime

出典:HanaPrime
運営会社HanaPrime(株)
オススメ度
利用できない地域沖縄・離島
プラン数4つ
花の本数A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
ポスト投函なし
料金(税込)A.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
送料無料
品質
95点
オシャレ度
90点
料金
90点
総合評価
90点
メリット
デメリット
  • お花のボリュームがすごい
  • お供え花プランが特徴的
  • 初回50%割引が特にオトク
  • 配達の時間指定不可
  • ポスト投函非対応

HanaPrimeは、2021年3月よりお花の定期便を始めた、比較的後発の会社になります。

後発ならではの魅力がたっぷり詰まっており、お花のボリューム当たりの料金で考えると、コスパは1・2を争うほど良いサービスです。

HanaPrimeのポイント3つ
  • 最安プランでもボリューミーなお花たち
  • 料金とは別に選べる2つのプランあり
  • お届けサイクルの選択肢が豊富

HanaPrimeの魅力は、なんといっても届くお花のボリュームです。

月額1,500円(税込)の最安プランでも、7〜10本のお花が届くので、他のお花の定期便の2倍以上のボリュームがあると言えます。

さらに、他のお花の定期便には無い特徴が、2つのプランを有していることです。

選べる2つのプラン
  • 季節のお花プラン
  • お供え花プラン

双方とも料金設定は同じですが、届くお花の雰囲気が全く違ってきます。

普通に利用するのであれば、季節のお花プランで問題ないですが、お仏壇にお花で彩りを加えたい場合には、お供え花プランを検討したいところですね!

また、お届けサイクルの自由度が非常に高いこともあって、ストレスフリーで定期便を楽しめますよ。

お届け頻度毎週1回・隔週1回・毎月1回から選択
お届け曜日水〜日曜日から選択
お届けサイクル

毎月配送や、曜日指定のできるお花の定期日は限られているので、利用者の心に寄り添った優しいサービスと言えそうです。

HanaPrimeの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料本数大きさお届け方法
季節のお花プランA.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
無料A.7〜10本
B.13〜16本
C.21〜24本
D.30本以上
A.25㎝前後
B.35㎝前後
C.40㎝前後
D.55㎝前後
宅配
お供え花プランA.1,500円
B.3,000円
C.5,000円
D.10,000円
無料A.10本
B.14本
C.18本
D.30本
A.25㎝前後
B.35㎝前後
C.40㎝前後
D.55㎝前後
宅配
料金プラン

>>HanaPrimeの口コミ・評判を見る

LIFFT

出典:LIFFT
運営会社BOTANIC(株)
オススメ度
利用できない地域沖縄・離島
プラン数3つ
花の本数花4本前後 草木5本前後
ポスト投函なし
料金(税込)A.3,300円
B.初月4,180円
翌月以降3,300円
C.5,280円
送料無料
品質
95点
オシャレ度
95点
料金
70点
総合評価
85点
メリット
デメリット
  • お花の読み物「ジャーナル」付き
  • お花の品質が良い
  • 花瓶やコーヒー豆のセットプランあり
  • 利用料金が高額
  • ポスト投函に非対応

LIFFTは、「飾るだけじゃない、お花の定期便」と飾るその先を意識したサービスを2020年10月より開始しました。

ただ飾って終わりではなく、あなたのライフスタイル自体に影響を与えることを意識した、魅力溢れるプランを展開しています。

LIFFTのポイント3つ
  • 農園から届いたお花をその日のうちに発送
  • お花の読み物「ジャーナル」が付属
  • 旬のコーヒー豆とのセットプランあり

HitoHana」と同じように、「LIFFT」も品質の良いお花を提供していることが魅力です。

特筆すべきは、トリセツでは終わらない読み物「ジャーナル」が付属していること。

実際に公式サイトで試し読みができるのですが、オシャレに磨きが掛かりすぎていて、思わずお部屋に飾りたくなること間違いなし。

>>LIFFTのジャーナルを試し読み

また、コーヒー豆とのセットプランなど、他のお花の定期便とは違った面白いプランもあります。

コーヒーを飲みながらお花を鑑賞しつつ、ジャーナルをゆったり楽しむ...

想像するだけでワクワクしますよね。

LIFFTの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数セット内容お届け方法お届け間隔
スタンダード月3,300円無料メインのお花4本前後
季節の草花5本前後
お花+ジャーナル宅配月1回
※翌月21日までにお届け
花瓶セット初月4,180円
翌月以降3,300円
無料同上お花+ジャーナル+花瓶宅配月1回
※翌月21日までにお届け
コーヒー豆セット月5,280円無料同上お花+ジャーナル+
旬のコーヒー豆200g
宅配月1回
※翌月21日までにお届け

>>LIFFTの口コミ・評判を見る

HitoHana

出典:HitoHana
運営会社Beer and Tech(株)
オススメ度
利用できない地域北海道・九州・沖縄・離島
プラン数7つ
花の本数A.2〜4本
B.5〜8本
C.8〜10本
D.9〜13本
E.11〜14本
F.14〜18本
G.19〜22本
ポスト投函なし
料金(税込)A.990円
B.1,650円
C.2,200円
D.2,750円
E.3,300円
F.4,400円
G.5,500円
送料無料
品質
95点
オシャレ度
90点
料金
90点
総合評価
90点
メリット
デメリット
  • 1,000円以下のプランあり
  • 花の色が選べる
  • メインの花のポストカード付き
  • ポスト投函に非対応
  • 対応エリアが少なめ

HitoHana」は、2016年に「植物ECサイト」としてサービスを開始しました。

現在では、10万人以上が登録している、とても人気のあるお花の定期便です。

お花の定期便を開始したのは2020年と新しいですが、長年培ったお花のスキルがあり、非常に安心できるサービスと言えますね。

HitoHanaのポイント3つ
  • 品質にこだわったお花の定期便
  • 専用ボックスで自宅にお届け
  • オリジナルのお花カードが付属

前述した「LIFULL FLOWER」「bloomee」のようなポスト投函型は採用していない反面、お花の品質にこだわりぬいたサービスを展開しています。

HitoHanaは専用ボックスにてお花を梱包し発送、届いたお花はとにかく高品質なんです。

また、届いたお花の中でメインのお花に関しては、オリジナルカードが同封されています。

オリジナルカードには、お花の情報やお手入れ方法も詳しく記載されているので、お花が届くワクワク感は他の定期便よりもワンランク上です。

HitoHanaの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔
プラン①990円無料2〜4本全プラン対面での宅配のみ全プラン
毎週・隔週・月1から選択
プラン①1,650円無料5〜8本
プラン②2,200円無料8〜10本
プラン③2,750円無料9〜13本
プラン④3,300円無料11〜14本
プラン⑤4,400円無料14〜18本
プラン⑥5,500円無料19〜22本

>>HitoHanaの口コミ・評判を見る

bloomee

出典:bloomee
運営会社Crunch Style(株)
オススメ度
利用できない地域離島(沖縄本土は可)
プラン数3つ
花の本数A.3本
B.4本
C.5本
ポスト投函Aのみ
料金(税込)A.550円
B.880円
C.1,320円
送料A.275円
B.385円
C.550円
合計(税込)A.825円
B.1,265円
C.1,870円
品質
90点
オシャレ度
90点
料金
100点
総合評価
95点
メリット
デメリット
  • 業界最安値でお花を楽しめる
  • 送料込で他社よりも最安
  • 品質保証が安心
  • 最低4回利用の縛りあり

bloomeeは、2016年6月にサービス開始したお花の定期便です。

登録世帯が10万世帯を超える、業界最大手の運営会社ですね。

お花の定期便といえばbloomeeという地位を築いています。

bloomeeのポイント3つ
  • コストが最安
  • ポスト投函がとにかくラク
  • 近隣のお花屋から届くので品質も良い

お花の定期便を始めたことがなく、まずは雰囲気を味わってみたい方はbloomeeを選んでおけば間違いないと言えます。

ポストにお花が投函されるスタイルは、一度体験すると病みつきになるくらい便利です。

配達員と対面する必要も全く無く、好きなタイミングでお花を受け取ることができます。

なんといっても、bloomeeの最大の特徴は業界最安の料金。

財布にとっても優しいお花の定期便となっています。

bloomeeの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数お届け方法お届け間隔
体験プラン550円275円3本以上ポスト投函毎週/隔週
レギュラープラン880円385円4本以上ポスト投函毎週/隔週
プレミアムプラン1,320円550円5本以上手渡しのみ毎週/隔週

最安でお花の定期便を始めるなら「bloomee」の体験プランがオススメ!

  • ポスト投函で対面不要
  • 3〜4本の季節のお花が届く
  • どこよりもオトクに続けられる

LIFULL FLOWER

出典:LIFULL FLOWER
運営会社LIFULL(株)
オススメ度
利用できない地域沖縄・離島
プラン数4つ
花の本数A.3〜4本
B.6〜8本
C.10〜12本
D.未記載
ポスト投函Aのみ
料金(税込)A.858円
B.1,958円
C.3,278円
D.2,680円
送料無料
品質
85点
オシャレ度
85点
料金
95点
総合評価
90点
メリット
デメリット
  • 宅配BOXにも対応
  • 業界で唯一水換不要のプランあり
  • 品質保証が安心
  • 同じお花が届くこともある

LIFULL FLOWERは、お花の流通ロスをなくすべく、2018年2月よりサービスを開始しました。

bloomeeと双璧を成すほど、お花の定期便の中でも知名度の高いサービスになります。

LIFULL FLOWERのポイント3つ
  • ポスト投函に対応
  • お手入れ不要のプランあり(宅配ボックス対応)
  • 安心の品質保証付き

基本的なサービスは「bloomee」と非常に似ていますが、bloomeeよりも最安プランの料金は若干上がります。

とはいえ、LIFULL FLOWERの一番の強みは、スタンダードプランというお手入れ不要のプランがあることです。

スタンダードプランのメリット

  • 花瓶の準備が不要
  • 面倒な水の入れ替え不要

お花の定期便は、お花を買う手間こそ減らせますが、水やりの作業はどうしても発生します。

スタンダードプランは、料金は上がってしまいますが、お花にかかる手間がほとんど無くなります。

ラクにお花との時間を楽しみたい方にオススメですね。

LIFULL FLOWERの料金プラン詳細

スクロールできます
プラン名料金(税込)送料お花の本数ポスト投函お届け間隔
ライト858円全国無料3〜4本毎週・月2回
セルフアレンジS1,958円一部無料6〜8本×(宅配BOX可)月1・2回
セルフアレンジL3,278円一部無料10〜12本×(宅配BOX可)月1・2回
スタンダード2,680円一部無料3〜4本×(宅配BOX可)月1回

>>LIFULL FLOWERの口コミ・評判を見る

お花の定期便:宅配便のメリット

宅配便のお花の定期便を選ぶメリットについて、詳しく解説していきます。

ボリュームのあるお花が届く

ポスト型と大きな差別化を図れる部分が、お花のボリュームです。

ポスト型は、ポストに投函しなければならない制約があるため、大きすぎるお花は配送不可。

対して、宅配便では大きさの制限が原則無いため、ボリュームのあるお花を届けることができます。

HanaPrimeの宅配便

お花のボリュームは多い方が所有欲も湧きますし、なによりお部屋で存在感を発揮してくれます。

仕事で疲れて帰った日でも、色鮮やかなお花を見ると自然と元気も湧いてきますよ。

鮮度の高いお花が届く

宅配便で届くお花は、非常に鮮度が良いです。

具体的には、以下のような心配が少ないメリットがあります。

  • お花がつぶれていない
  • お花の元気がない
  • 茎の長さが短くない

ポスト型ですと、どうしてもお花がつぶれてしまっていたり、元気のないケースも少なくなりません。

また、なるべくお花のサイズを小さくする必要があるため、茎を大幅にカットしている場合もあります。

宅配便の場合は、外箱にもゆとりがありますので、お花のスタイルを崩すことがありません。

受け取った瞬間から、元気な型崩れのないお花を楽しむことができますよ。

アレンジしやすい

宅配便で届くお花は、ボリュームが多く茎の長さも長めに設定されています。

茎の長さがあることで、自分好みにカットすることが可能です。

ボリュームのあるお花をそのまま一つの花瓶に飾ったり、それぞれ別の花瓶で小分けして楽しんだりと、自由にお花を堪能することができます。

お花の定期便にハマるほど、自分で少しアレンジしたい欲求が出てくるはずです。

宅配便のお花の定期便は、お花とより距離が近くなり、お花に対する知識も自然と身に付きますよ。

お花の定期便:宅配便のデメリット

宅配便のお花の定期便、メリットの裏返しとしてデメリットも存在します。

実際にお花の定期便を使っている視点から、宅配便のデメリットについて解説します。

在宅しなければならない

お花を受け取る時は、必ず自宅にいなければいけません。

これが思った以上に手間なんです。

よく外出する方であれば、特に在宅の縛りは非常にストレスになり得ます。

通常の配達物であれば、再配達してもらえばOKですが、お花は生きています。

受け取れなかった場合は、その空いた時間だけお花にダメージを与えてしまうことに。

もし、在宅しないといけない縛りはさすがに厳しい、という方はポスト投函型のお花の定期便を検討してみてください。

鮮度やボリュームは宅配便に比べて落ちますが、品質保証制度を利用すれば新しいお花を再送してもらえるため、鮮度の課題はクリアできます。

以下では、品質保証に対応したポスト投函型のお花の定期便についてまとめています。

料金が高い傾向にある

宅配便のお花の定期便は、平均して利用料金が高い傾向にあります。

ポスト投函型と比較すると、お花のボリュームの差からどうしても料金はポスト型の方が安いです。

ですが、宅配便のお花の定期便の中でも、「HitoHana」は最近新しく最安プランを展開しました。

宅配便の中では、唯一1,000円以内で利用できるため、非常にお得です。

以下に詳しい記事もあるので、興味のある方は読んでみてください。

宅配便で届くお花の定期便おすすめ4選のランキング|ポスト投函型との比較あり:まとめ

宅配便で届くお花の定期便は、なによりそのボリュームとお花の品質が魅力的です。

各社、お花が配送途中で傷まないような工夫がされているので、とても安心して利用できますよ。

お花の鮮度・品質にこだわりたい方は、ぜひ一度宅配便で届くお花の定期便を検討してみてはいかがでしょうか。

ポスト投函型のお花の定期便の比較はコチラ

すべてのお花の定期便の比較はコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる